結婚報告年賀状、今ならこんな失敗あり得ないな~って想い出

公開日:  最終更新日:2016/02/01

結婚報告を兼ねたタイプの年賀状をどうやって作ったか?
→結婚の写真を撮ってもらった業者

それを選んだのはなぜか?
→当時はまだインターネットは普及しておらず、業者に頼むしかなかったから。

作成、発注過程での苦労
→白無垢か、色打掛か、ウェディングドレスか悩んだ。

気を付けたこと
→氏名、新居の住所や電話番号等の記載ミスがないように気をつけた。

完成品の感想、満足度
→業者には念を押したのに、結局できあがったはがきには、新居の電話番号が印刷されておらず、自分たちで電話番号をせっせと書かなければならないはめになり、できあがりには不満足だった。
業者にやりなおしてもらおうかと思ったが、また日数がかかるのであきらめて自分たちで電話番号を書いた。

今ならインターネットで写真屋に注文したり、デジカメで撮った写真をパソコンに取り込んで自宅で作れるのに、あの頃は業者に頼むしかなく値段も高く、今は便利な時代になったと思う。

⇒結婚報告の年賀状、業者選びTOPページへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑