年賀状で結婚報告の反響は様々、PCスキルがあれば自宅で作成も。

公開日: 

結婚式と披露宴はレストランウエディングで、両家の家族と本当に仲の良い友人だけで行いました。
時期も秋で結婚の報告をしていない知人も多かったので、年賀状で結婚の報告をしました。

ウエディング姿や式の様子、レストランでの様子など写真を多めに、また、二人の出会いや結婚に至るまでを簡潔に文章にしました。
夫が自宅のパソコンでデザイン、プリントしたのですが、写真の選択からレイアウト、文章の制作などすごく時間がかかり大変そうでした。
結婚報告をしていない人にも失礼にならないような文章であること、会社の目上の上司に送っても失礼に当たらないことなどに注意して作成するのにもまた悩みました。
でも二人であれこれ悩んで作ったのでそれもまた楽しい思い出になりそうです。

ただ新郎新婦のどちらからがパソコンを使えるなどの条件がないとこういうやり方はきついだろうな~と感じます。
当時、結婚した後の友達はみなさん専門業者に丸投げしていましたから。

結婚を知らなかった友人からは早速連絡が来て「なんで教えてくれなかったの?」「ステキなドレス!」など反響は様々でしたが、年賀状と報告を一気にできて、それはそれで手っ取り早くてよかったかなという感じです。

⇒結婚報告の年賀状、業者選びTOPページへ

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑